Tokyo City Univ. Dept. of Urban Studies Interior Planning LAB*

top02_20190619152046848.jpg top07_20190619152048420.jpg top03_20190619152046824.jpg top19.jpg top12.jpg top14.jpg top04_20190619152046824.jpg top11.jpg top08_20190619152048429.jpg top10.jpg top01_20190619152046825.jpg top16.jpg top13.jpg

サイトメニュー紹介・研究室トピック

【研究室紹介/ABOUT】インテリアデザイン3.0のすすめ

 東京都市大学都市生活学部インテリアプランニング研究室は「癒やし・もてなし・賑わい」といった人間の感性と行動特性に寄り添うインテリア空間・建築デザインを「都市生活学」として探求しています。また、消費社会・生活環境にセンシティブであり、都市居住デザインや公共空間の在り方について、常にデザイン科学の目「インテリアデザイン 3.0」で、その評価と向上に寄与する研究を実施しています。 

【プロジェクト紹介/PROJECTS】産学共同の受託研究・共同研究など

 東京都市大学都市生活学部インテリアプランニング研究室で行っている産学共同プロジェクトをはじめ、各種企業様との共同研究、公共団体様からの受託研究事業も含めて紹介しています。詳しくは次の詳細を御覧ください。 

「TODOROKI ORIGAMI DESIGN ASSOC./等々力折り紙デザイン振興会の発足」

 幼い頃から馴染みの深い折り紙。日本人は、古くから身の回りにある動物や植物などを千代紙で拵え、掌の中でそれらを愛でる特異な感性を持っています。一方、西洋人はそれを建築構造に応用するなど実利に活かすのがとても得意。そこで我々等々力人は「インテリアデザインに折り紙技術を活かそう」と考えた!?(現在発足準備中、詳細は本ウエブページで乞うご期待。)

【研究テーマ紹介/RESEARCH_1】デザイン科学によるインテリア空間研究

 本研究室の主軸は2つ。環境心理や空間現象学からデザインを捉えなおす「デザイン科学系の研究」と、人の行動特性から建築計画を科学する「人間空間学系の研究」です。そのうち前者の詳細をこちらからご覧ください。 

【デザインワーク紹介/DESIGN】インテリア/建築コンペ・卒業計画/設計競技応募案等

 研究室メンバーによるデザインワークを掲載しています。建築の実施設計や基本設計(計画案も含む)、インテリアデザインコンペや共同研究に基づくデザイン提案等も含まれています。また学生作品に関しては、卒業設計や修士設計をはじめ、学生主体の社会活動関連も含まれています。どれも時代を反映した興味深いアイデアに満ちていますので、リンク先にて詳細を見てみて下さい。 

研究室メンバー2組『第16回 主張する「みせ」学生デザインコンペ』にて受賞

 (社)商業施設技術団体連合会主催学生コンペにて、研究室2組の学生が奨励賞を授与されました。商店建築をはじめ、ショップファサードやコマーシャルディスプレイをコンセプチュアルに捉え、サスティナビリティや老齢少子社会、eコマース等の多様化時代に対応した空間デザインを提案する課題に対し、全国から473点の応募があった中、2組(2案)が選出されました。

【研究テーマ紹介/RESEARCH_2】人間空間学系のインテリア空間研究

 人間の行動にはある種の「癖」があって、それを理想化・数理化することでCADやBIM上を歩行するシミュレーションモデルが構築できたり、これを使ってインテリア空間のデザインをすることだって出来る。そのための手法や評価のしかたを次の詳細から見てみて下さい。 

Yahoo!ニュース記事「インテリアプランニング研究室メンバー+高柳准教授がJR高架下テナント再開発ワークショップを実施」

 高円寺〜阿佐ヶ谷地区・首都圏在住の一般参加者や、建築・都市開発に興味のある初学者・大学生等を対象とし、既存高架下テナントの付加価値創造と地域ブランド力の醸成につなげるアイデア創発型のイベントとして開催(主催: ㈱ジェイアール東日本都市開発)。日本とドイツの高架下活用の事例紹介をはじめ、駅と街の成り立ちの違い等の基礎レクチャーと、高架下テナント模型を用いたブレスト・セッションを行った。

日経新聞Web掲載:屋外に飛び出したインテリア-アーバンエレメントを用いた空遊地利活用の社会実験

 本研究室と大日本コンサルタント株式会社(東京都豊島区)インフラ技術研究所 地域マネジメント事業室の共同研究チームにて、良好な都市環境を形成する2018年4月に開始した共同研究の一環として、都市部やその近郊にある低・未利用地の利活用について実証実験を実施しました。
 

【伝統技能とのコラボ】西陣織地を活用した低グレア照明シュラウドのデザイン及び検証実験

 京都西陣の織り元様の協力を得て、織り地を照明機器のシュラウド(かさ、半透過型)に用い、グレアを抑えつつ、織り地の優美さを光源・光量を通じて味わえる照明機器の開発に挑戦しています。 

研究室MAP・連絡先はこちら 

BOOKS/教員の著書・テキスト

デザイナーと投資家のための賃貸集合住宅の企画[術]

高柳英明・添田貴之著/彰国社:老齢少子・都市部人口の局所集中など、中長期視野でみた集合住宅事業には懸念すべき課題が山積しているが、未来の住まい手の「生活像」をどう描き、それを差配するモデルをどこに見出せばいいのか、デザインだけでは解決できない諸問題に本書は触れている。建築計画と並行してNOI利回りを考慮しつつ、インテリア空間の「質と仕立て」をどうバランス取りすれば良いのか、本書で学んで頂きたい。

実践テキスト 店舗の企画・設計とデザイン

商業施設技術団体連合会 (監修), 高柳英明・飯田有登 (編集) /オーム社:公益社団法人商業施設技術団体連合会の監修による「小規模の商業施設(店舗)を設立するための設計プロセスを学べる実務書」。同連合会では大学・専門学校等と連携した次世代技術者の育成の一環とし「商業施設士(補)資格制度に係る認定校制度」を推進しており、本書は当該認定校の教員・研究者によってまとめられた店舗設計を体系的に学ぶことのできる初めての入門書である。

デザイナーのための住宅設備設計[術]

高柳英明・添田貴之著/彰国社:照明機器や衛生水回り設備など、現代生活を支える戸建住宅・集合住宅には多くの住宅設備機器が付帯するが、それら設備計画とデザイン性の「バランスと悩み」に対し、「見せる・魅せる・隠す・兼ねる・見えない所で工夫をする」等の住宅デザイナー観点からの解決策を「勘どころ」としてまとめた、デザイン初学者向けの応用術式解説本である。

事例で読む建築計画

高柳英明・鈴木雅之・西田 司 (著) /彰国社:これからの建築計画は、旧来の固定化されたビルディングタイプを超え、様々な人間の活動を複合的に支える機能が求められるが、本書は、これからの建築が、如何にして人間の活動を空間的・計画的に受容できうるかを人間の6つの行為から建築を分類し直し解説したものである。

建築設計テキスト 集合住宅

高柳英明・鈴木雅之著:彰国社/集合住宅デザインのためのサブテキスト。敷地形状から見た最適な住棟配置や、グループサイズ毎に最適な住戸計画など、集合住宅を一から計画・設計するための「12の手法」を詳しく解説しており、レンタブル比、フロンテージセーブ、クラスタサイズ、ライフスタイル創発住戸など、次世代の住宅デザインを生み出す知恵を醸成する内容。

行動をデザインする

渡辺仁史・林田和人・佐野友紀・高柳英明他:彰国社/「いごこち」「あんぜん」「流れ」「たまり」など、にんげんの行動の癖や感性に基づき建築空間・インテリアを捉えると、新たな発見やアイデアの創発につながることを本書で述べている。またそれらを科学的に研究テーマとしてアプローチする手法についても解説をしている。

建築設計資料集成―人間

日本建築学会編:丸善出版/既存の「人間工学」という分野にとらわれず、社会的・文化的側面も含めて、広く人間と環境との相互依存的な関係を理解するためのデータ集として構成した。歴史、時間ファクター、文化的視点などからの横断的な解説や、定番的な概念や理論、設計への応用例(成功例・失敗例・事故例)についても扱う決定版。

建築のサプリメント―とらえる・かんがえる・つくるためのツール

発想をかたちにするための計画・設計の道具箱。行為と空間と操作の組合せにより抽出した10のカテゴリーとそのキーワードによる発想のヒント集。共著。

SPATIAL DESIGN―空間デザイン事典

都市・建築・インテリアを問わず、我々の周囲の環境を構成するデザイン要素をキーワードで分類し、美しさや荘厳さ、心地よさや合理性を醸す造形学的なポイントを事例に基づき解説している。例えば軒の出た日本家屋での陽光の差し込み方や、京町家のプランニングに隠された「坪庭と打ち水」の効能など。

建築-都市計画のための空間学事典

日本建築学会 計画委員会-空間研究小委員会メンバーの分担執筆。インテリアのみならず、建築意匠・構造計画に至る造形関連の語彙とその解説をしている。デザインの先端研究に携わる、あるいはこれから踏み入れようとする研究初学者向けのバイブル。

スマートライフ-渡辺仁史研究室が考える未来の暮らし-

「我々は、どのような未来を目指して研究を行っているのか?高校生や大学生に明るい未来を目指すために研究を行っていることを伝えた。」との考えのもと、渡辺研究室出身の教員・研究室在籍生がこれからの明るい未来を描いた。全ての研究に「人間-空間-時間」という他の研究室にはないオリジナリティのある視点が含まれている。

研究室SNAPS(気まぐれ更新)

Student DESIGN AWARD

2019.03

Student MOCKUP MODEL

2007.11

INTERNATIONAL WS

2018.08

CULTURE SPUR Proj.

2011.08

MOCKUP WORK@tLAB

2018.11

DIPLOMATIC WORK

2009.02

PARK ROYAL in SINGAPORE

2018.08

URBAN DEVEROPMENT WS

2019.06.02

HOUSING INTERIOR by HTTA

2013.03.07

KOUKASHITA MODEL

2019.05.25

WELDING & INTERIOR

2010.01.19

Student Mockup Model

2009.02

ORIGAMI Mockup Model

2019.07

Xmas PARTY

2016.12

LIGHTING DESING Proj.

2017.01

BIMx VR by Student

2019.01

MEMBER PIC

2018.12

DESIGN COMPETITION

2009.09

Student Mockup Model

2014.2.14

tLAB PARTY SPRING

2018.04.27

DIPLOMATIC WORK

2009.02

SURVEY in SINGAPORE

2018.08

tLAB MEETING in OSAKA

2018.12

NTT DOCOMO Office Proj.

2017.01

tLAB CAMP 2018

2018.11

tLAB WORKTOP MODEL

2017.02

DIPLOMATIC WORK

2006.02

Handmade Bookshelf

2017.02

STUDENT DESIGN WORK

2006.8

DIPLOMATIC WORK

2008.02

An Omniscope of Certain Day

2018.06

WINTER PARTY 2017

2017.12.26

WHITE MEN

20xx.01.21

Lighting Installation

2015.12

LAB MEETING in OSAKA

2018.12

OMG2016

2017.01

DESIGN COMPETITON

2008.09

tLAB CAMP 2018

2018.10

FAREWELL PARTY 2017

2017.02

PROJECT WORK

2018.11