Tokyo City Univ.
Dept. of Urban Studies
Interior Planning LAB*

Tokyo City Univ. Dept. of Urban Studies Interior Planning LAB*

 研究室FAQ

  • HOME
  • >
  • 研究室FAQ

研究室配属について

ゼミはいつ見学はできますか?

本研究室では、プロジェクト演習(3年生ゼミ)、卒論ゼミ、修士論文ゼミ、博士論文ゼミの全てを常時公開しています。学内・学外を問わず、誰でも、いつでも見学自由です。毎週木曜日12:30から18:40が上記4つのゼミの時間帯なので、ふらっと見に来て声をかけてください。ただし外部の方は事前にご連絡下さい。

定員は何人ですか?どうやって選抜するのですか?

現在のところ3年ゼミ・4年ゼミとも上限12名が定員です。それ以上は教室運営上とることができません。また希望者多数の場合、選抜になる場合があります。選抜に際し、本研究室では、必ず事前に教員と面談する機会を持ちます。その際、各自の持ち味を見せる「ポートフォリオ」か「それに変わるなにか」を持ってきて下さい。

プロジェクト演習では何をするのですか?

本研究室では、外部企業様と共同で「ものづくり」をします。対象はインテリアに限らず、住宅・商業施設・公共施設・イベントスペース・家具・照明機器等、様々です。作ることが嫌いな方は志望しないで下さい。詳細は本ウエブサイトに多数載せていますのでご覧ください。

3年次研究室配属にあたり履修しておく授業科目はありますか?

厳密な決まりはないですが、デザインと計画提案を行う研究室ですので、設計演習系か、デジタルデザイン演習系のどちらかを履修しておくといいと思います。特に「空間デザイン演習1」「都市デジタルシミュレーション1」は必須、「インテリアデザインと実務」「都市デジタルシミュレーション2」は必須ではないものの、履修済みであることが望ましいです。

修士課程・博士後期課程はありますか?

本研究室は、東京都市大学大学院環境情報学研究科・都市生活学専攻に属しており、修士課程と博士後期課程(社会人ドクターも含む)の学生指導をしています。また修士課程は特に「一級建築士受験にかかる実務経験与件(1年短縮)」を満たすカリキュラムとなっています。学部卒業後に、将来的に建築士・建築デザイン現業を志そうとしている学生は、2級建築士を受けるよりも実質的に早道になります。入試要項は下記リンク先から見ることが出来ます。
 

講義科目について

教員の担当する講義・演習科目は何?

「フレッシャーズゼミ(1年次配当)」「空間デザイン演習2・3(1年次配当)」「都市デジタルシミュレーション2(2年次配当)」「インテリアデザインと実務(2年次配当)」「プロジェクト演習(3年次配当)」「卒業研究(4年次配当)」「空間デザイン特論(大学院)」「建築設計演習(大学院)」「建築インターンシップ(大学院)」などです。各科目ともWebClass(ウエブ公開型授業支援システム)を通じ、アクティブ・ラーニングの形で進めて行きます。

「インテリアデザインと実務」受講には何が必要?

上記のようにWebClass(ウエブ公開型授業支援システム)を通じ、アクティブ・ラーニングの形で進めて行きますので、受講希望者は初回からArchiCADをインストールした状態のノートPC3つボタンマウスPCの電源アダプタ、シラバス上で指定した教科書2冊を必ず持参して下さい。これはデザイン系の授業です。通常の座学だと思って履修すると大変な思いをするので、初回授業で様子を理解し、正式履修登録することを勧めます。

「都市デジタルシミュレーション2」には何が必要?

2019年度以降は「インテリアBIM」「都市プランニングBIM」「環境デザインBIM」「建築施工BIM」「デジタルデザインBIM」の5クラスで進めています。本研究室の教員が担当する「インテリアBIM」クラスでは、BIM環境であるArchiCADを常用しますので、「都市デジタルシミュレーション1」を1年次に履修済みであることが条件です。併せてPhotoshop、Illustrator、Vectorworks、SimTread2も使います。課題内容も多く大変かも知れませんが、実りも大きいクラスです。是非選択して下さい(インテリアBIMクラスの定員は33名、それ以外は38名になります)。

「空間デザイン演習2・3」には何が必要?

「空間デザイン演習1」を履修していることが前提です。課題内容は、空間デザイン演習2が「美術館デザイン」、空間デザイン演習3が「集合住宅デザイン」であり、順を追って計画プログラムが高度になっていくので、海外留学等の特別な理由がない限り、2→3と順番に履修して下さい。また「1級・2級・木造建築士試験」の受験要件とする場合は、空デ1・2・3をセットで履修しなければなりません。

共同研究について(学外の方へ)

共同研究の受け入れはどこが窓口?

本研究室では、様々な企業・自治体様との共同研究を進めています。一旦は、本研究室の教員あてにご連絡下さい。その後適切な学内窓口をご案内致します。

委託研究・委託事業は可能ですか?

地域社会活動を含めた研究系ワークショップや、デザインレビュー等の開催・実施等も受託可能です。お気軽にご相談下さい。

メディア対応について

フェースブックメッセージ・メール・ダイヤルイン電話の順でレスポンス可能です。詳細をお知らせ下さい。

商業施設士・商業施設士補の学内受験について(学部生向け)

「商業施設士」「商業施設士補」資格とは何ですか?

「商業施設士」「商業施設士補」とは、商業施設や店舗空間のデザインや運営にかかる専門知識や技術職能を有することを認定する総務省認可の資格称号です。平成29年より東京都市大学都市生活学部では、当該資格の発給元である、公益社団法人商業施設技術団体連合会(J-TOCS)の協力を得て、両資格とも学内にて受講・受験できるしくみを整えました。当該資格の詳細はJ-TOCSウエブサイトを参照のこと。また受講・受験希望者は、下記の学内受験要領(PDFファイル)を熟読の上、申請書式に必要事項を記入の上、チェックリストと成績証明書のコピーを添付し、学内窓口まで提出のこと。
 
 公益社団法人 商業施設技術団体連合会ウエブサイト
 2019年度版 都市生活学部1-4年生向け 商業施設士補・施設士学内試験 受験要項(ファイル名:0_youryou.pdf)
 学内試験 受講登録申請書(1_shinseisho.docx)
 受講登録・申請用科目履修チェックリスト(ファイル名:3_check_list.xlsx)

「商業施設士」学内試験の対策はどうすれば?

主には将来インテリアデザイン・空間デザイン・プロマネ系を志望する学生向けです。本学都市生活学部生で「商業施設士」の学内試験を受験希望する者は、必ず『構想表現(実技)試験』で受験することになっています。試験内容としては、商業空間の設計・デザイン技能を問う即日ドローイングであり、与えられた図面や資料から、テーマに沿った店舗設計をし、かつ着彩込みのパース図を描いてプレゼンテーションする技能が要求されます。受験前にドローイングの対策講座を開きますので是非挑戦して下さい。【注意】商業施設士試験に際しては、商業施設士補の資格取得が必須。

「商業施設士補」学内試験の対策はどうすれば?

東京都市大学都市生活学部の科目カリキュラムは、J-TOCSの認定を受けていますので、指定科目の単位取得を済ませ、学内にて開催される資格講習会を受講し、修了考査に合格することで資格取得が可能です。よって対策としては、1・2年次から、指定科目の単位数要件を満たすべく、計画的に授業を履修することです。